メニュー選びから盛り付けまで、ポイントを押さえればあなたもすぐに料理上手になることが出来る!

コラム

コツさえつかめば、いますぐあなたも料理上手になれる!

投稿日:

料理が上手になりたい!と思っている方は多いのではないでしょうか。

実家暮らしが続いていたり、料理を作ってくれる方がいる人は、なかなか料理をする機会がないかもしれません。
でも、意中の彼を自慢の料理で射止めたい!気になる彼女に料理を振るまえたら…。
そんな風に考えている方は多いはず。
料理をあまりしたことのない料理初心者の方でも、料理が苦手な方でも、コツをしっかりと押さえたら美味しい料理は作れます。
美味しい料理を作って、大切な人を喜ばせましょう!

料理上手になるコツ①簡単なレシピからチャレンジする

美味しい料理を作ってあげたい!と、ついつい難易度の高いレシピを作ろうとする人も多いはず。
でも、料理の味は作る難しさで決まるのではありません。
簡単でも、美味しく作れるものはたくさんあります。
簡単なメニューを選び、自分がしっかりと作りきれるものを選ぶことで、失敗せずに美味しい手料理を振舞うことが出来るのです。
また、簡単なメニューから料理をしていくことで、徐々に料理の基礎が出来てきます。
和風のメニューにはこの調味料の組み合わせが多いな、火加減はこのくらいがちょうど良いな、など徐々に料理の基本を押さえることで、結果的に難しいメニューも美味しく作れる基礎が作られてくるのです。

また、最近は動画で作り方を紹介してくれる、わかりやすいレシピサイトも増えてきました。
文字でレシピが書いてあるよりも、動画の方が格段にわかりやすいですよね。
特に料理初心者の方は、ちょっとした火の通りや、食材の色味の変化などに気づくことが難しいので、目に見えるレシピというのは非常に重要です。
簡単なメニュー且つ、作り方もわかりやすいレシピを選択することで、失敗せずに料理が出来ますよ!

料理上手になるコツ②目分量はNG

大さじ1、小さじ2など、調味料を入れる際に目分量で入れるのは絶対にNGです。
家に計量スプーンがない、という方は買いましょう!
料理が上達してくれば、目分量で調味料を入れてもさほど失敗することはありません。
というよりも、失敗しても修正することができるのです。
でも、初心者の人はそれが出来ませんし、少し調味料の量が異なることで味もかなり変わってしまいます。
面倒くさがらず、しっかりと計量してレシピ通りに作るようにしましょう。

料理上手になるコツ③調味料は全て揃える

中華料理など、調味料を多く使うレシピも多いですよね。
◯◯が足りない、これで代用できるかな?などというのもNGですよ!
うまく代用できるのは、料理に慣れた人だけです。
これも理由は先ほどと同様、少し味が違っても修正することが出来るからです。
料理初心者の人は、しっかりと作る材料だけでなく調味料も揃えてから、料理をスタートしましょう。

また調味量だけでなく、調理器具に関してもしっかりと揃えることが理想です。
何かで代用できるかなと思っても、案外代用が難しいことも多いんです。
今では100円ショップでも調理器具が揃えられるようになってきましたし、調理器具に関してもしっかりと揃えておくことが料理初心者の方にとっては重要です。

料理上手になるコツ④火加減はこまめにチェック

料理において非常に難しいのが火加減です。
料理をしている方でも、火加減の調節に失敗してしまうという方は結構多いのではないでしょうか。
特に揚げ物などは、火加減によって食感が全く異なってきてしまいます。
サクサクの唐揚げを作るはずが、しっとりしたものになってしまったり。
周りに早く火が通りすぎてしまい、中まで火が届く頃には焦げてしまう、なんてこともありますよね。
また、一度火加減も設定すれば調理が終わるまでそのままでOKというわけにはいきません。
調味料を入れたタイミングや食材を加えたタイミングで、火加減を調節する必要があるものも多いです。
多くのレシピには火加減についても詳しく記載があると思いますので、しっかりとレシピを見て、火加減についてもチェックしていきましょう。

料理上手になるコツ⑤工程ごとに料理を進める

野菜やお肉を切りながら、同時に火にかけて…などと、料理上手の人は同時に違う作業を行うことも多いです。
特に忙しい主婦の方は、少しでも料理の時間は短縮したいところですよね。
でも実はこれ、初心者の人は絶対にやってはいけないことなんです。
火にかけると、思った以上にすぐに食材に火が通ってしまうことは案外多いです。
切る作業が追いつかず、火が通りすぎてしまってから食材を加える、なんてことになったり…。
酷い場合は慌ててしまい、調味料を入れ忘れたり、入れ間違えたりすることにもなりかねません。
慌てずに料理を進めるためにも、時間はかかるかもしれませんが、切る、そして火を使うと、工程ごとにしっかりと料理を進めていくことが失敗しない重要なポイントです。

料理上手になるコツ⑤色合いを考える

料理を美味しく見せるためには、食材の色合いも大きく関わってきます。
色味が少ない料理は、どうしても華やかさに欠けてしまいます。
少し手間ではありますが、最後にゴマを振りかけたり、ネギをトッピングしたり、パセリをふりかけることでも一気に料理が華やかになるんです。
色味が少ないのであれば、少しレタスやきゅうりを添えて緑を増やしてみたり、トマトを添えて鮮やかな赤を加えてみたり。
少しお皿の上のトッピングも見直すことで、一気に料理の雰囲気が変わります。
サラダなどを作る際も、食材の色合いを多くすることで同じ味付けでも全く違う料理になってくれます。
多くの食材を買うことは手間も増え、コスト面でも少し痛いですが、簡単に料理を華やかにすることが出来ますので、ぜひ料理の色味についても考えてみましょう。

料理上手になるコツ⑥盛り付けも手を抜かない

料理が終わった後の、盛り付けも非常に重要なんです。
インスタ栄えなどという言葉も話題になっていますが、盛り付けが綺麗にされた料理は、また一段と美味しく見えるものですよね。
料理の味にまだ自信がない、レシピほど見栄え良く出来なかった、何て時も落ち込む必要はありません。
盛り付け次第で、それもしっかりとカバーできます。

統一感のある食器を使うのは、簡単に料理を美味しく見せるテクニックです。
色合いを揃えてみたり、同じ種類の食器で統一したりするだけで、格段にテーブルが華やかになります。
また、少し食器を洗う手間は増えますが、小皿に分けて盛り付けるだけで、テーブルに様々な食器が並びこれもまたテーブルが賑やかに見えます。
食器一つにしても、非常に重要になってくるんですね。

またちょっとした小物を使うことで、テーブルを簡単に華やかにすることが出来ます。
ランチョンマットを使ったり、箸置きをおくことで、テーブルの雰囲気が一気に明るくなります。
お花を置いてみたりするのも、非常にテーブルを華やかに見せることが出来ますよ。

テーブルの上が華やかだと、料理もより一層華やかに見えるものです。
料理だけではなく、盛り付けや、テーブルセッティングについても、手を抜かずに行ってみてはどうでしょうか。

ここまでご覧いただいてくれたら、あなたも料理上手になれるでしょ~
また自信がない方や、プロのシェフに個別指導にしたい方はこちらにご覧ください。
初心者向けのおすすめ料理教室

最後に、これまで料理上手になるコツについて紹介してきました。
作る料理を選ぶところから、非常に重要になってきます。
料理中もレシピに忠実に、調理を進めていけば問題ありません。
料理が終わった後も、気を抜かず盛り付けまでしっかりと行えば、料理が苦手なあなたも美味しいご飯を作ることが出来ますよ!
大切なあの人の胃袋も、つかめること間違いなしです!

-コラム

Copyright© 初心者向け!東京のおすすめ料理教室|短期間で確実に上達する , 2019 All Rights Reserved.